宮崎あおい 石原さとみ

90.0kg→89.0(12.27)→84.8(1.1)→85.4(1.2)→86.2(1.3)→85.8(1.4)→85.7(1.5)→85.8( 1.7)→85.7(1.10)→84.9(1.11)→85.1(1.13)→85.3(1.21)→85.1(1.22)→85.4(1.23)→86.9(1.29)→85.3(1.30)→85.2(1.31)→85.1(2.1)→84.8(2.3)→85.4(2.12)→84.9(2.14)→84.4(2.17)→85.5(2.25)→83.6(2.27)→83.0(3.2)→85.5(4.2)

不動産賃貸で生計を立て、一人娘を溺愛し、チワワのハルとの生活を綴るブログ 髪型はこだわりのセルフカットである。

顕微授精~出生前診断~出産

クリフムの胎児初期ドッグを受けることにした。

血液検査とは別にクリフムで胎児初期ドッグを受けることにした。クリフムというのは出生前診断で全国的に有名なクリニック。そのクリフムのホームページを見るといろいろと検査項目が記載されているが、正直よくわからない。NIPTを別の病院で受けるので3種染色体の検診はクリフムでは受けない。最先端の超音波診断で先天的な異常を早期に知ることができるそうなので、万一の場合早期に判断をすることができ、安心をお金で買う感じかな。費用は4万円ほど。NITP(母体血胎児染色体検査)の21万円と比べると安い。クリフムは上本町7丁目にあるので通うのも楽でいい。

胎児ドッグ

クリフムで受けるか悩んでいる。妊娠中期の中絶はリスクが高いようだが、野田聖子の例もあるので、受けておいた方が良いかとも思う。

NIPTの事前カウンセリングを受けてきた。

10時からの予約をしていた。妻が問診票に必要事項を記入し、患者待合スペースへ。遺伝カウンセリング室の前には4組くらいが順番待ちをしていた。この部屋の前にはダウン症の子供に写真がボートにたくさん貼られていた。直視するのが嫌ので、あまり見ていないが、どうやら「ダウン症家族会」的な団体のロビー活動により設置されたもののようであった。予定時間を30分ほど過ぎてようやく呼ばれた。カウンセリング室にはダウン症に関するリーフレットが置かれていた。まずはじめに医師による経腹エコーでの検査があり、その後、臨床心理士からNIPTについての説明があった。治療や検査ではなく臨床試験への参加の形態だという。13、18、21トリソミーと呼ばれる染色体に異常がないか、母親の血液に含まれる胎児由来のDNAを採取することにより検査する。21トリソミーが本来2本のところ、異常により3本存在するのがいわゆるダウン症だそうだ。13と18トリソミーに異常がある場合は、21トリソミーのそれより事態は重篤で、仮に出産できても90%は出生後1年で亡くなってしまうという。この臨床試験への参加費用は21万円。安いとみるか高いとみるかは判断が分かれるだろう。

遺伝カウンセリング順番待ち

10時からの予定。株価イマイチやね。

産科疲れ。

昨日は初めて参加に行ったからか、疲れてしまって20時過ぎに眠りに就いた。こういう眠り方をするとこれまでは浅い眠りを繰り返し、夢ばかり見ていたのだが、リスペリドンを追加したからか、深い眠りが持続され6時間弱ぐっすりと眠れた。
今日は某病院に遺伝カウンセリングを受けに行く。カウンセリングを受けたあと、予約を入れて血液検査をする。従来は羊水や絨毛といった検査でダウン症のリスクを確認していたが、これらには流産の確率があがる危険があった。新しいNIPT(新型血液検査)では採血だけで遺伝子異常の確認ができるので、検査費用は21万円と高額ではあるが、この検査方法を選んだ。今日は検査内容だとか生命倫理など、医師の説明を聞くことになると思う。

昨夜NHKの19時半からの番組を見ていると吉田類が出ていた。いまはなんでもチェーン居酒屋が苦境に陥り、非チェーンの大衆居酒屋が人気なのだという。偶然隣あった人と語りあったりできるところが魅力の一つだというが、僕には無理。疲れるから。楽しそうだけどね。 

胎児

3884eb52.jpg

産婦人科で会計待ち

エコー検査の結果、胎児順調に育っているとのこと。

産婦人科に来ている。

尿、血圧、血液の検査のあと問診だ。

明日は初めての産科。

遺伝カウンセリングの日だと思っていたら、普通の産科の初診日だった。産科の費用は30~40万円かかる。無痛分娩も可能だそうだ。遺伝カウンセリングNIPTはあさってだった。遺伝カウンセリングの費用は21万円。まぁ血液検査だけでダウン症等の障害が、いや障がいが分かるなら、リスクのある羊水検査、絨毛検査よりいいと思う。

明日は初めての産科。

明日はカウンセリングを夫婦で受けに行く。後日血液検査があって21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーの可能性を検査する。この検査は実費で20万円くらいする。妊娠の為に200~250万円以上使っているから20万円といっても数字でしかない。毎日の食費は200円くらいだけどね。受精した卵を13個凍結保存している。まだ1人目も生まれていないのに気が早いが3人の子供を持つ予定だ。稼がなければいけない。世界経済の発展を願う。

なぜかアンパンマンと妖怪ウォッチ

調子が悪いな。相場がない日は手持ち無沙汰。
 10968560_1563923160522016_3575603839901252158_n
b36f0c31.jpg

それにしても長かった。

名古屋の稲垣マタニティークリニックから自由が丘の陣内ウィメンズクリニックと費用ばかりかかって効果が一切なかったからね。大阪に引越ししてきてとんとん拍子にことが運んだ。妻はつわりで苦しんでいる。こればかりは変わってあげられないのでどうしようもない。ぼくは毎日暇なので、まだ見ぬ子供のためにベビー布団、三輪バギー、抱っこひも、アンパンマンのおもちゃ、肌着、エルメスのファーストシューズなどなどを買い込んでいる。それにしても今夜の靴の落札は不可解だ。500円上限で入札しておいたのに1400円で落札されている。どうなっているんだ。

fd25292b.jpg

 

妊娠にかかった経費

名古屋時代からだから全部で200~250万円くらい使っている。大阪では150万円。自由が丘の陣内ウィメンズクリニックではぼったくりにあった。大阪では一発OK。この差は何。

ご懐妊

79d9e825.jpg

ギャラリー
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI