久しぶりにブログを書いています。一週間ほど前に旦那が指を怪我して以来、2か月半ぶりに私が料理をするようになった。鍼治療で体が楽になってきたからか、料理をするのも億劫ではなくなっていた。自分で料理をするとワンパターン料理になるのだが、旦那と違って私は調理をしながら片付けもしていくので、料理が仕上がる時には周りは綺麗になっている。

旦那は凝った料理を作ってくれていたが、後片付けは私の仕事となり、汚いキッチンを見ると少しストレスを感じていた。お互いの長所を取り入れられると一番良いのだが。少し旦那にレシピを提供してもらって私がレパートリーを増やすのが正解かもしれない。

昨日から、娘がしまじろうの英語DVDにあまり興味を持たなくなってきたのが気になっていたので、今朝、前に無料でもらっていて少し聞いていた程度のワールドワイドキッズのCDを聞かせると娘が歌いだした。久しぶりに無料DVDも見せてみたら、楽しそうに体を揺らしていた。
教材の替え時かなと旦那と相談した。

旦那はここ数日は躁状態になっている。それまでは鬱状態。3~4日ぐらいで躁と鬱が入れ替わっているようだ。躁状態になると、真夜中に起きてパソコンをし食事をしていて体重が増加する。そして歩きに行くという具合に運動をしたがる。そして疲れて食べ過ぎてしまう。疲れがたまってくると胃腸を壊し口の周りに吹き出物ができ風邪をひいたと言っては寝込む。鬱状態になるのだ。うつ状態の時は、寝てばかりいるので食事量も減り体重が減る。結局躁と鬱を繰り返しながら体重が増加し続けているのが現状だ。
しかし双極性障害の旦那は自分ではあまりわかっていないようだ。私が毎日体重計に乗って食事内容を記録しないと駄目だと言っているのだが完全に無視。
ライザップの松村邦洋のように、30キロほど痩せてほしいものだ。