宮崎あおい 石原さとみ

90.0kg→89.0(12.27)→84.8(1.1)→85.4(1.2)→86.2(1.3)→85.8(1.4)→85.7(1.5)→85.8( 1.7)→85.7(1.10)→84.9(1.11)→85.1(1.13)→85.3(1.21)→85.1(1.22)→85.4(1.23)→86.9(1.29)→85.3(1.30)→85.2(1.31)→85.1(2.1)→84.8(2.3)→85.4(2.12)→84.9(2.14)→84.4(2.17)→85.5(2.25)→83.6(2.27)→83.0(3.2)→85.5(4.2)

不動産賃貸で生計を立て、一人娘を溺愛し、チワワのハルとの生活を綴るブログ 髪型はこだわりのセルフカットである。

元MBS八木早希アナ 第2子を出産「きっと嵐のような子育ての毎日…」

元MBSで現在はフリーの八木早希アナウンサー(39)が第2子となる男児を21日に出産していたことが24日、分かった。母子共に健康という。2007年に医師と結婚。16年7月に長男を出産していた。

【写真】八木アナ「中学生以来の制服」披露

 八木アナはデイリースポーツの取材に「2人目とはいえ、出産を迎える不安と新しい命を頂いた感動は初めてと同じでした」と振り返り、「元気な産声をあげた後、穏やかに眠る赤ちゃんを見て、世の中がこの子にとって安心できるものであるように見守っていきたいと思いました」と語った。

 その上で、「妊娠中は、『こんな風にならないかなー』と大谷翔平選手ばかり見てイメージしていました」と笑いながら明かし、「多くを望まず、個性を見守りながら共に成長できたらと思います」とした。

 八木アナは「『10分おきにケンカする』とも聞く男兄弟を育てるとはまだ想像もつきません」。「きっと嵐のような子育ての毎日をできるだけ楽しめるよう努めたいと思います」と母としての決意も新たにした。

 八木アナは5月上旬の番組収録を最後に産休入り。現在、カンテレ「胸いっぱいサミット!」(土曜、正午)などのレギュラー番組を休演しているが、関係者によると7月からの復帰を予定しているという。

日大生「就職活動に影響」「今は恥ずかしい」

アメリカンフットボールの危険なタックル問題で、日大側の記者会見から一夜が明けた24日、同大4年で弓道部の男子学生は「就職活動に影響が出ている」と漏らした。

 面接で自己PRとして弓道部の活動を紹介すると、「アメフトの問題は同じ体育会としてどう思うか」と質問されたという。

 リクルートスーツ姿で就職活動中の法学部4年の女子学生(21)も「今まで日大生であることを誇りに思っていたが、今は恥ずかしい」と肩を落とした。

 23日の日大の会見では、広報担当者が「(日大のブランド価値は)落ちません」「(会見を)見てても見てなくてもいい」などと発言するという異例の展開を見せ、荒れ模様になった。

岡田准一&宮崎あおい、第1子妊娠発表「新しい命を授かりました」今秋にも誕生

V6の岡田准一(37)と女優の宮崎あおい(32)が19日、報道各社に夫婦連名のFAXを送り、宮崎が第1子を妊娠していることを発表した。スポニチの取材によると、宮崎はすでに安定期に入っており、今秋にも誕生する。

【写真】今月8日にイベントに出席した宮崎あおい。お腹は…

 2人は書面で「このたび新しい命を授かりましたことをご報告させていただきます。今は新たな家族が増える喜びとともに、無事に生まれて来てくれることを願う日々です」と報告。「大切な時期でもありますので、温かく見守っていただけましたら幸いです」とつづった。

 関係者によると、宮崎は体調と相談しながら、仕事を続けていくという。

 V6では長野博(45)が2016年に結婚した女優の白石美帆(39)との間に今月、第1子となる男児が誕生し、パパになったばかり。岡田と長野の子供は同学年になりそうだ。最近は昨年12月の岡田と宮崎の結婚、今年3月の森田剛(39)と女優の宮沢りえ(45)の結婚など、グループ内でおめでたい話題が続いている。

 岡田は、07年に女優の瀬戸朝香(41)と結婚し1男1女をもうけた井ノ原快彦(42)、前夫との間に娘がいる宮沢と結婚した森田、長野に続く、グループ4人目のパパとなる。

 岡田と宮崎は映画「陰日向に咲く」(08年)で夫婦役を演じ、映画「天地明察」(12年)でも夫婦役で共演。15年8月の週刊誌報道で交際が明らかになり、昨年12月23日に結婚した。

 以下、FAX全文。

 新緑の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 このたび新しい命を授かりましたことをご報告させていただきます。今は新たな家族が増える喜びとともに、無事に生まれて来てくれることを願う日々です。

 大切な時期でもありますので、温かく見守っていただけましたら幸いです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

2018年5月19日

岡田准一

宮崎あおい

 ◆岡田 准一(おかだ・じゅんいち)1980年(昭55)11月18日生まれ、大阪府枚方市出身の37歳。日本テレビ「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」内の「ジャニーズ予備校」で注目され、95年にV6のメンバーとしてデビュー。俳優としても02年TBSドラマ「木更津キャッツアイ」や14年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、13年映画「永遠の0」などで主演を務める。身長1メートル69。血液型B。

 ◆宮崎 あおい(みやざき・あおい)1985年(昭60)11月30日生まれ、東京都出身の32歳。4歳で子役デビュー。映画を中心に活躍し、01年「害虫」でフランスのナント三大陸映画祭主演女優賞、09年「少年メリケンサック」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞など受賞多数。テレビでは06年NHK連続テレビ小説「純情きらり」、08年大河ドラマ「篤姫」などに主演。身長1メートル63。血液型O。

露呈した幼児性と酒依存…逆効果だった山口達也の謝罪会見

謝罪会見はダメージを緩和させる目的もあるが、対応がまずければ逆効果になる。

 “TOKIO”の山口達也(46)はまさにその典型だった。冒頭から深々と頭を下げたが、あまりの長さに弁護士が後から突いてようやく頭を上げた。会見も山口の要望で立ったまま行われた。質疑応答が始まるや泣き声が止まらない。

「加害者が泣くことないだろう」との意見もあるが、謝罪を演出した感が見え隠れする。謝罪会見で思い出されるのが市川海老蔵(40)の暴力事件。海老蔵は着席してすべての質問に真摯に対応。毅然とした姿勢はダメージの緩和に繋がった。山口には海老蔵のような大人の姿勢は見られなかった。女子高生に対してのわいせつ行為の説明も疑問点が多かったが、示談が成立している密室の事件。山口の言葉を信じるしかないが、全面的に信じるに足りただろうかー。

 無期限謹慎を「いずれ復帰できる」と思ったのか、山口はメンバー全員の名前を上げ「戻りたい」と哀願した。メンバーから「待っている」の言葉でも期待したのだろうが、逆効果だった。国分太一らメンバーも公然と呆れ、怒る。見放した感さえある。せっかくの会見もダメージの緩和とは程遠いものになった。

「好感度は高い山口ですが、他のメンバーと違い未だに司会かタレントか方向性が見えない。年齢も含め個人としての伸びシロは少ない。グループ活動に頼るしかないのが実情。“戻りたい”と言ったのは山口の本音でしょう」(芸能関係者)

 本来なら復帰を考える前にお酒の問題を解決することが先決。肝臓治療の為の退院直後、日中から部屋で焼酎1本を空ける。自覚はなくとも世間は「アルコール依存症」と見る。親交のあった漫才の横山やすしさん・漫画家の赤塚不二夫氏を思い出す。2人とも依存症だったが、山口と違い独りでは飲まなかった。飲む仲間がいた。

 横山はボート仲間。赤塚氏は異業種の人たちが一緒に飲み、明るい飲み会だった。山口は二年前に離婚。妻も子供もいない。寂しさは募り酒量は増す悪循環。飲みに誘う友もなく、中年男が寂しさを紛らわすべく誘ったのが女子高生。そんな構図が浮かぶ。ジャニーズの後輩が女性と飲み歩いては週刊誌のターゲットになるほうが、よほど健全に見えてくる。

会見で「依存症治療に専念します」と出直しを誓うなりすれば、少しは違っていたはず。今の山口の身近には相談相手になるような人さえいなかったのだろうか。

国分太一、ジャニー社長の謝罪文に号泣「情けない」

TOKIO国分太一(43)が号泣した。国分は2日、司会を務めるTBS系「ビビット」に生出演し、前日1日にジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が発表した謝罪文について話す中、大粒の涙をこぼし、声を詰まらせた。

【写真】国分太一、山口達也と面会「何やってんだ」

 ジャニー社長は発表した文書で、被害者への謝罪、重大に受け止めていることなどを記した上で「私自身は全ての所属タレントの『親』としての責任を負いながら、今後も彼らが“ひと”として成長できますよう、支援し続けて参る所存でございます」と思いをつづっていた。

 国分はこれに対して、「本当に申し訳ないという気持ちだけですけど、そうですね」と言った後、泣きだした。しばらく沈黙した後、「自分…」「えっと…」と何度か話し始めようとしたが、言葉が詰まって話し出せなかった。「すいません」と言って気を取り直すと、「ジャニーさんは『親』という言葉を使ってくださいました。16歳の頃にTOKIOというものが生まれ、この23年間、たくさんの経験をさせてもらいました。だからこそ、1人1人たくさんの仕事が増えました」と話した。そして「その分、責任は自分たちで作っていかなければいけない。その生みの親に、こんなことを言わせてしまったことが本当に情けない」と言って再び涙を流した。その後は「これからどうやって向き合っていくのか、1人1人が感じて成長していくことが、ジャニーさんへの恩返しだと思っているので、これからそういう気持ちで前を向いていきたい」と言って厳しい表情を浮かべていた。

山口達也

東京地検は1日、強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也(46)を起訴猶予処分とした。不起訴処分を受け、ジャニーズ事務所は1日夜、報道各社にFAXを送付。山口以外のメンバー4人が2日に記者会見を開くことを発表した。また、ジャニー喜多川社長も、被害者、ファン、関係者に謝罪文を発表。事務所として「信頼回復に全力を尽くす覚悟です」と記した。

【写真】淫行疑惑を蒸し返されたタレント 山口に「君はずーっと言われるんだ」

 所属タレントの不祥事やスキャンダルでジャニー氏が直接コメントを発表するのは極めて異例。

 ジャニー氏は「被害を受けられましたご本人様とそのご家族様、ならびに今まで山口をご支援いただいておりましたファンの皆様、関係各位の皆様には多大なるご迷惑とご心配をお掛けして参りました。ここに改めて深くお詫びの念をお伝えさせて頂きます」と被害者らに謝罪。TOKIOのメンバーが「考えて決めていくことを受け止めます」と4人、そして山口の決断を尊重する考えも明言した。

 また、「私自身は全ての所属タレントの『親』としての責任を負いながら今後も彼らが“ひと”として成長できますよう、支援し続けて参る所存でございます」とタレントたちの「親」として変わらず支えていく決意をつづっている。

 山口は今年2月12日、NHK Eテレ「Rの法則」で共演していた16歳の女子高生を自宅マンションに呼びつけ、無理やりキスするなどわいせつな行為をしたとして、4月に送検された。

 書類送検が報じられた翌日の4月26日、山口は記者会見し、涙ながらに謝罪し、芸能活動を無期限謹慎すると明らかにした。

山口達也

女子高校生にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ容疑で書類送検されたアイドルグループ「TOKIO」の山口達也メンバー(46)について、東京地検は1日、不起訴とした。

 捜査関係者への取材で分かった。起訴猶予とみられる。

 山口メンバーは送検容疑を認めており、女子高生側と示談が成立していたといい、地検はこうした点を考慮したとみられる。

 山口メンバーは東京都港区の自宅マンションで2月、女子高生に無理やりキスするなどわいせつな行為をしたとして、警視庁に書類送検されていた。 

高橋一生

明石家さんまなど、芸能界にはファン対応も“一流”と呼ばれる芸能人たちがいるが、芸能人は売れ始めて数年がまさに“調子に乗りやすい”時期なのだ。しかし、売れる前も売れてからも決して天狗にならない芸能人もいる。そこで、ここ数年で売れ出したものの態度が変わらないと業界で評判の数名を紹介したい。

 まず、どの現場でも真っ先に名前が挙がるのが藤田ニコルだ。モデル時代も周りのギスギスした雰囲気に飲まれず、のほほんとしていたと言われているが、それは売れてからも変わらず。ここ数年でテレビ出演が増えたものの、以前お世話になった人には相変わらずしっかりと挨拶をするし、後輩に対する態度も変わらない。「後輩が挨拶にきても『私なんかにしなくていいよ』と言っていた」という現場の目撃談も多く、同業者から人気が高い。

 俳優界からは、高橋一生が圧倒的に支持を集める。むしろ高橋は昔こそやんちゃだったものの、売れてからどんどん礼儀正しくなっていったと言われ、女性だけではなく男性スタッフからのウケもいい。俳優がバラエティ番組やイベントに登場すると、裏では不機嫌そうな姿を見せることも珍しくはないが、高橋は若手ADにも「今日は寒いね」と気軽に声をかけて、その場を和ませることが多いようだ。

 そして、相変わらずのいい人ぶりを発揮しているのがANZEN漫才のみやぞんだ。みやぞんはカメラが回っていなくてもテレビのままという声が多く、裏表のない性格が好感を持たれている様子。楽屋に置くお菓子を指定したり、必要以上の数の衣装を用意させたりと変なこだわりが多い芸能人の中でも、みやぞんは何のこだわりもなく、言われたことをこなすというスタンス。いい意味で適当なところが関係者を安心させている。最近は相方のあらぽんの業界内の人気も高く、「自分はまだ有名人ではない」「頑張って現場に馴染まなきゃ」というような謙虚な姿勢が感じられるのだとか。

 一度有名になれば、浮かれてしまうのが人間だ。しかし、そこでどれだけ初心を忘れないかが芸能界でも重要なのだろう。

プジョー

フランス車の国内販売が好調だ。日本で主流の外国車といえばドイツ車だが、フランス車は販売台数の伸びが大きく、足元では4割超増えた「シトロエン」をはじめ、「プジョー」「ルノー」も2ケタ成長している。日本車と差別化された個性的なデザインの新型車が人気となっているほか、スポーツ用多目的車(SUV)などの品ぞろえも拡充され、多様な顧客のニーズに応えられる態勢が整ったことが背景にある。

 ■シトロエンは前年度比43・8%増

 日本自動車輸入組合がまとめた平成29年度のブランド別販売台数では、シトロエンが前年度比43・8%増、プジョーが18・6%増、ルノーが13・7%増と軒並み、前年度を大きく上回った。

 もともと販売台数の多いドイツ勢はメルセデス・ベンツが1・4%増、フォルクスワーゲンが0・9%増となっており、フランス車の勢いは際立っている。仏4ブランドの合計でみると、16・1%増の1万9724台だった。

 フランス車の最大の特徴は個性的なデザインだ。昨年7月に全面改良して発売された小型車「シトロエン C3」は、丸みを帯びた形の前モデルから一変。ボンネットの位置を高くしてSUVを想起させる外観にし、上位モデルでは屋根とドアミラーの色が車体と異なる「ツートンカラー」を採用。旅行カバンの取っ手をイメージしたドアノブなど、内装にも独特のデザインを取り入れている。

 プジョー・シトロエン・ジャポン(東京)のクリストフ・プレヴォ社長は、「前モデルの4~5倍の売れ行き。購入動機は『デザイン』が多い」と指摘する。ルノーの拡販を牽引した小型車「トゥインゴ」も、「デザインが好評で、『人と違う車に乗りたい』という顧客の受け皿になっている」(関係者)という。

 世界的に人気となっているSUVでの攻勢も販売を押し上げた。プジョーが昨年9月に発売した新型「5008」は、全面改良でミニバンだった前モデルからSUVに生まれ変わった。

 ■ライフスタイル前面に押し出す

 独有力メーカーなどと比べた日本での知名度の低さを補うため、ルノーはフランスのライフスタイルや文化を前面に出した販促を取り入れてきた。シトロエンから独立した高級車ブランド「DS」も今年、パリのカフェをイメージしてコーヒーを振る舞うイベントを一部の店舗で開催した。

 C3が219万円から、トゥインゴが177万円からと、輸入車の中では比較的、価格が手ごろなこともフランス車人気につながっているようだ。

 存在感を増してきたフランス車だが、電気自動車(EV)などの電動化や自動運転技術の発達が加速し、競争の形も変わりつつある。プジョー・シトロエンのプレヴォ氏は、「多様化に対応できるように、販売店のネットワークを整えたい」と強調した。

MUJI

image
image
image
image
image
image
image
image
image

MUJI

image
image
image
image

無視

image
image
image
image

無題

image
image
image
image
image
image
image
image

チョコチーノ

image

無題

image
image
image
image
ギャラリー
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI
  • MUJI